生き物やペットを楽しく知る生き物地図ブログです

タヌキの生息地は世界で日本だけ?生態や餌は?

2018/10/09
 
タヌキ
この記事を書いている人 - WRITER -

タヌキは、昔から日本人に馴染み深い動物の一種で、日本昔話や絵本などでもお馴染みの動物です。
タヌキは遠目で見るには可愛いですけど野生動物なのでちょっと怖いですね。

そんな馴染みのあるタヌキですが実際、海外や世界中で生息しているのでしょうか。そんなタヌキ生息地生態は何を食べているのか確認していきましょう。

タヌキの生息地

タヌキはほぼ日本全国に生息

タヌキは日本全国で多く見ることができます。

北海道はエゾタヌキと呼ばれ、本州から九州、四国はホンドタヌキと呼ばれています。

タヌキ

日本では2種類のタヌキに分かれていますが、ニホンタヌキと呼ばれ、同じ種類と考えられています。

タヌキの世界分布図

タヌキは世界的に見ても希少な生物です。

元々は日本、朝鮮半島、中国、ロシア東部の一部で自然分布で生息していました。

その後毛皮を取るためロシアから移入されたタヌキがヨーロッパ諸国で野生化されました。

結果ドイツ、フランス、イタリアにも生息分布を広げていってるようです。

タヌキの生態

タヌキの体調は約50-60cmで中型犬程の大きさになります。体重は3kg~10kg程になります。

指の間には皮膜があり水中や泥の上でも移動しやすくなっています。

秋から冬に備えて体重を50%ほど増加させ、寒冷地では冬の間穴にこもることが多い。

冬は上毛があるせいか、ずんぐりむっくりに見えますが体は痩せており足も尻尾も長いです。

タヌキのライフスタイル

富士山

タヌキは湖や海岸、河川などの水辺近くを好んで生息しています。

広葉樹や針葉樹などの森林のような場所で人に干渉されない地域で活動しています。

特徴は夜行性で、単独もしくはペアで行動を共にします。

タヌキは餌は何を食べる?

タヌキは餌として鳥やその卵、カエルやミミズなどの両生類、昆虫、魚、動物の死骸、果実などの果物など色々なものを食べます。

見た目可愛いけど雑食でチョット怖いですね。でも色々なものが食べれるので不自由はしなそうですね。

まとめ

・日本、朝鮮半島、中国、ロシアの一部から自然分布しヨーロッパ移入で野生化。

・タヌキは上毛によって太って見えるけど実はスリム。

・餌は雑食で何でも食べる。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 生き物マップ , 2018 All Rights Reserved.